スカンセンの動物たち

スカンセンにはオオカミ、ヘラジカ、オオヤマネコ、クズリ、アザラシ、カワウソなど北欧らしい野生動物がいます。動物保護プログラムに指定されているスウェーデンで昔から飼われていた古い種類の家畜も飼育されています。当時、動物は生活の一部であり、農園の暮らしにどれだけ役立っていたかを知ることができます。

スカンセンではスウェーデン国内また海外の動物保護プロジェクトに指定されている種が飼育されています。例えば、ヨーロッパ緑ヒキガエル、ニワカナヘビ、川ザリガニ、ヨーロッパバイソン、カワウソ、クズリなどです。動物保護団体と知識や情報を交換し、それらの動物を保護し自然に返す運動に協力しています。

スカンセンにはヘラジカ、熊、オオカミ、オオヤマネコ、カワウソなどの北欧に生息する野生動物もいます。狩りと釣りは生活の欠かせない一部であったため、それらの動物は昔の暮らしぶりを知るのに一役買っています。肉食獣は人間にとって狩猟の競争相手であると同時に、強いスピリットの象徴でもありました。

リル・スカンセン

リル・スカンセンは現代的な施設で、動物園、遊び場、また子供たちの学び舎としても使われています。

リル・スカンセンの動物は屋内と屋外を自由に行き来できます。子供たちはアフリカ産子ヤギやミニブタ、ウサギ、エーランド産小型の鶏、スウェーデン産ブルーダック、ハムスター、猫、カヤネズミなどの小動物、蛙、蛇、そしてヨーロッパカワメバルや水族館の魚を間近に見ることができます。また、大きな檻にはオウムが飼われており、その周辺にはクジャクや鶏が放し飼いになっています。

馬小屋には小型のシェットランドポニーや大型の馬が飼われています。子供たちはポニーや馬車に乗ることができます。

スカンセン水族館は独立した施設で、別の入り口から入ります。ここには、珍しい猿、クロコダイル、蜘蛛がいます。マダガスカル産キツネザルが暖かい日に外で日向ぼっこをする様子は、春の訪れを告げる風物詩となっています。

これら飼育されている動物の他にもリス、カオジロガン、サギ、カモ、カモメ、猛禽類など、スカンセンには多くの野生動物がいます。赤毛で愛らしいリスは、今やスカンセンのシンボルといえる存在です。

上へ